外壁塗装 まだするな

外壁塗装はまだするな?外壁塗装にベストなタイミングとは

外壁塗装の年数は10~20年周期で行われるのが一般的です。

塗料の耐用年数や天候などによる外壁の劣化状況にもよるため一概に塗料の年数=塗り替え時期とは言えません。

しかし、中にはまだまだ長持ちしそうなのに塗替えを進められるというケースも存在します。

塗り替えするに越したことはありませんが、塗り替えの季節や依頼者側の金銭状況など、よりベストなタイミングを判断することもできるでしょう。

そこで今回は外壁塗装はまだするなと言われる理由や塗り替えするべき本当のタイミングを劣化状況などとともにご紹介していきます。

・外壁塗装はまだするなと言われる理由 
・外壁塗装をするタイミング
 ・症状
 ・季節

外壁塗装はまだするなと言われる理由とは?

外壁の劣化状況は天候に左右されたりするため塗料の耐用年数が必ずしも塗り替え時期とは限りません。

そのため、新築や前回の塗替えから10年ほど経過した場合でも、まだ外壁塗装は必要ないというケースがあります。

また、多少の劣化によって建物の見栄えは悪くなりますが、すぐに外壁塗装が必要というケースも少ないです。

塗料は下塗りと上塗りを3回ほど重ねて塗るため、表面の塗料が剥がれることで外壁に内部がむき出しになったり、突然住宅全体へ深刻な影響があるということはないでしょう。

訪問営業などで外壁の状況を細かく説明され、無理やり見積もりを取られるケースもありますが、時期やタイミング、依頼側の金銭状況なども加味して外壁塗装を検討するとy位でしょう。

外壁塗装をするタイミングとは?

外壁塗装を考えるきっかけとして主に外壁の症状と季節があります。

症状によってはまだ大丈夫な場合もあり、また季節的にも予約が取れなかったり費用が高くなったりすることがあります。

そのため症状と季節から外壁塗装のタイミングを判断すると良いでしょう。

それぞれ順番に解説していきます。

症状

色あせ

塗料の色が薄くなり色あせている現象です。

塗料が薄くなることで防水性や断熱性などの塗料の機能が弱まっていると言えますが、下塗り部が露出するのみで、外壁がむき出しになることはありません。

塗料の劣化の初期段階ともいえるでしょう。

そのため早急に塗り替えが必要ということではないです。

ただし紫外線の強い地域であれば下塗り部が急激に劣化するため、様子を見ながら塗替えを検討し始めると良いでしょう。

カビ・コケ

外壁にカビやコケが生えてしまう症状です。

カビや苔は外壁に細かく根を張り、少しずつ外壁を劣化させていきます。

特に雨量の多い地域や日照りの少ない影になっている部分に見られやすいです。

多少のコケやカビであれば表面の掃除で問題ありません。

しかし外壁に根を張ってしまっていると掃除だけでは綺麗にできないため、業者の適切な対応を依頼しましょう。

長い間放置してしまうと外壁の劣化につながるため、少しでもコケやカビが生え始めたら掃除をすることが大切です。

チョーキング

外壁を指でなぞった際に、粉状のものが指に付着する現象です。

塗料に含まれる合成樹脂が劣化しすることで発生します。

チョーキングも色あせ同様に塗料が薄くなり、塗料の機能が弱まり下塗り部が露出していきます。

そのため、早急な塗り替えは必要ありませんが、1年ほどをみて塗替えを検討すると良いでしょう。

ひび割れ

外壁の塗装や下地材がひび割れする現象です。

ひび割れは虫や雨が侵入して、外壁内部の劣化や雨漏りを起こしやすくなります。

外壁の塗料のみであれば焦る必要はありません。

ただし、下塗り剤や下地材までひび割れが起きてしまっている場合は早めに対応が必要です。

塗膜の浮き・ハガレ

外壁の塗膜が浮いたりはがれたりしている現象です。

塗膜が浮いた場合は内部に水や空気が入っており、放置すると表面の塗装がはがれてしまいます。

「ハガレ」は塗膜がはがれる現象で、下塗りや下地材が露出してしまいます。

露出した下塗りや下地材は紫外線や雨にさらされてしまい劣化の進行が早くなるでしょう。

下地材が劣化しつづけると、補修の際に高額な費用が必要となります。

季節

春は湿度や気温が安定しているため、外壁塗装の時期としてはベストといえるでしょう。

にんきの津でもあるため、業者の予約が取りづらい可能性があります。

年度初めなど、春に外壁塗装を行いたい場合は、業者になるべく早めに連絡をしておくと良いでしょう。

夏は晴れる日が続くため、外壁塗装にも良い季節と言えます。

ただし、地域によっては梅雨が長引くことで雨の日が続き、工事を進められなかったり、工期が延びたりすることもあります。

そのため天候を伺いながらの施工になるでしょう。

また外壁塗装中は窓を開けられないため冷房が必須となります。

秋は気温や湿度が安定しやすく、春と並んで外壁塗装にベストな季節で商。

ただし、秋雨前線や台風の影響を受けやすい時期でもあります。

また、秋も気候が良いため業者がすぐに予約で埋まってしまう可能性があります。

早めに連絡をすると良いでしょう。

冬は湿度が低くなるため塗料が乾燥しやすくなります。

しかし、気温が5度以下になると塗料が固まってしまい、作業ができなくなってしまう場合があります。

また日照時間も短く、1日の中で作業できる時間が短くなることから、工期が長引く可能性があるでしょう。

また、年末の大掃除と被ることから予約が取りにくい時期でもあります。

外壁塗装するタイミングがわからない!ぜひご相談ください

外壁塗装にはベストなタイミングが存在します。

ただし素人では判断できないことも多いため、不安な方は無料相談を実施している業者へ連絡してみましょう。

ダイレクトハウスでは東京・神奈川を中心に一軒家からアパート、マンションまで幅広く対応しておりますので、ぜひご連絡ください。

お見積り・ご相談は無料です!


※下記のクレジットカードによるお支払いが可能です。
(VJCB、VISA、MasterCard、AmericanExpress、DISCOVER、DinersClub)ご利用の際は「一括お支払」のみとなり、リボ払いや分割払いはご利用になれません。

Scroll to Top