屋根 部分修理 費用

屋根の部分修理にかかる費用を解説!費用を抑える方法も!

「屋根の部分修理は高いのか?」

「屋根の部分修理はどこに頼めばいいのか?」

こんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

屋根の部分的な破損は放置しておくと雨漏りの原因にもつながるため、早めの補修が必要です。

しかし、部分修理を頼むと、葺き替えを勧めらたり、その他の部分の修理も必要になったりして思いの外高額になる恐れもあります。

今回は屋根の部分修理について以下のポイントを解説していきます。

  • 【修理内容別】屋根の部分修理にかかる費用相場
  • 葺き替えが必要な場合と不必要な場合
  • 部分修理を依頼する業者の探し方
  • 部分修理に費用を抑える方法

ご自宅の屋根の部分修理を検討している方はぜひ参考にしてください。

【修理内容別】屋根の部分修理にかかる費用相場

屋根の部分修理にかかる費用はおよそ1~40万円と幅広く、修理範囲や屋根材、劣化状況により様々です。

以下部分修理の費用例をまとめてみました。

修理例費用相場
屋根材の割れやズレ2~30万
屋根材の交換2~30万
漆喰の剥がれ5~40万
棟のズレ・交換5~40万

上記の部分修理費用には以下のものが含まれます。

・人件費

・屋根材費

・足場代

・作業費

例えば瓦1枚の交換であれば、瓦1枚の費用のみ、棟のズレや剥がれの場合は材料費と高所での作業になるため足場代も必要になります。

また、大手工務店やメーカーの場合、下請け業者へ依頼するため作業費、人件費が上乗せされる場合があります。

なるべく費用を抑えるには、自社施工の屋根業者へ依頼することがポイントです。

葺き替えが必要な場合と不必要な場合

屋根全体の葺き替えが必要な場合として、以下の2つのケースが考えられます。

・築年数が経過している
・屋根材の耐用年数が近づいている

築年数が経過していると、部分修理後、すぐに他の部分修理が必要になる可能性があります。

築年数が経過していても今後も住み続ける予定であれば、部分的な補修ではなく、全面的に屋根の吹き替えを行うほうがお得になるでしょう。

また、屋根材の耐用年数が近づいている場合も同様です。

例えば瓦1枚のみを交換しても、再度他の瓦が割れたり、ズレたりする場合があります。

屋根材の耐用年数が近づいているのであれば、部分補修ではなく、屋根全体の補修も検討してみましょう。

一方で、築年数が経過していない、屋根の耐用年数が近づいていないにも関わらず、葺き替えをすすめられる場合は、費用を上乗せされる、もしくは手抜き工事の可能性があるため、事前に業者へ確認することをすすめします。

部分修理を依頼する業者の探し方

屋根の部分修理を依頼する業者選びの際は、3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 施工実績が豊富かどうか確認する
  • 口コミが高いかどうか確認する
  • 複数社に見積もりを取る

部分修理を依頼する際に確認しておくと、想定していた費用で確実に修理してくれる業者を選べます。

それぞれ詳しく見ていきます。

施工実績が豊富かどうか確認する

業者選びの際は施工実績が豊富か確認することが大事です。

特に「部分修理の施工実績」の確認をしましょう。

業者によっては部分修理に対応しておらず、全面葺き替えを提案され、費用が高額になる場合があります。

また業者によっては、売上のために全面葺き替えを提案してくる場合もあります。

・部分修理を快諾しているか

・部分修理のサービスについて詳しく説明されているか

上記2つを業者のホームページやお問い合わせにて確認することをおすすめします。

口コミが高いかどうか確認する

業者選びの際は口コミが高いかどうか確認することも大事です。

口コミが高い業者は、顧客からの評価が高く、対応や施工内容について信頼できる業者といえます。

また口コミは総合的な評価でもあるため、施工内容のみではなく見積もりや相談、アフターフォローについても比較ができます。

「部分修理でも快く対応してくれた」という口コミが豊富かどうか、確認すると良いでしょう。

複数社に見積もりを取る

業者選びの際は複数社に見積もりをとることも欠かせません。

・そもそも部分修理に対応してくれるか

・部分修理の見積もり内容を詳しく説明してくれるか

複数社に見積もりを取り、上記のような観点で比較していきます。

特に部分修理の見積内容を細かく説明してくれるかどうかは重要です。

部分修理に普段から対応している業者であれば、内訳や施工内容について細かく解説ができるでしょう。

反対に、慣れていない、もしくは手抜き工事をされる可能性のある業者は部分修理に真摯に対応してくれない場合があります。

直してほしいところだけを適切な金額で修理してくれる業者を選ぶためにも、複数社に見積もりを取ることは重要と言えます。

屋根の部分補修費用を抑える方法

屋根の部分修理費を抑える方法には以下の2つがあげられます。

  • 優良業者に依頼する
  • 火災保険を適用する

優良業者に依頼する

屋根の部分修理費は、優良業者に依頼して安く抑えましょう。

施工実績のある業者であれば余計な費用をかけずに修理してくれます。

一方で慣れていない業者は、周辺の屋根もまとめて工事してしまい、費用が高く付く場合があります。

また、優良業者は施工不良が起こりづらく、寿命の長い屋根へと修繕してくれますので、中長期的に見ても費用を最小限に抑えられます。

特に自社施工を行っている、実績のある業者への依頼がおすすめです。

火災保険を適用する

火災保険を適用して屋根の部分修理費を抑える方法もあります。

火災保険は以下の要件を満たしていると適用されます。

・風災による被害であること

・修理費が20万円以上であること

・破損から3年以内であること

台風や豪雨によって破損、劣化してしまった、20万円以上の屋根修理であれば保険を適用できます。

例えば強風による瓦のズレや、棟の剥がれ、飛来物によるひび割れなどが対象となります。

部分修理では20万円に満たない場合もありますが、足場代を含めて見積もりをとってもらうなど、業者に相談してみると良いでしょう。

屋根の部分修理は優良業者に依頼しよう!

屋根の部分破損を放置すると、屋根や建物全体へ影響する可能性があるため早めの修理が必要です。

しかし屋根の状況や建物の築年数によっては、全面葺き替えが必要な場合もあり、想定よりも費用が高額になる可能性があります。

専門的な判断が難しい場合は業者へ相談して見ると良いでしょう。

お見積り・ご相談は無料です!


※下記のクレジットカードによるお支払いが可能です。
(VJCB、VISA、MasterCard、AmericanExpress、DISCOVER、DinersClub)ご利用の際は「一括お支払」のみとなり、リボ払いや分割払いはご利用になれません。

Scroll to Top