外壁塗装 お金がない

外壁塗装をしたいけどお金がない。費用を捻出する4つの方法とは

「外壁塗装をしたいけどお金がない」

上記のようなお悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

外壁塗装は一般的な住宅の場合でも50万〜100万円ほどは用意が必要です。

しかし、まとまったお金がなく外壁塗装を先延ばしにすることで劣化が進み、余計に費用がかさむ場合も考えられます。

今回は外壁塗装をしたいけどお金がないという方に向けて、お金がない場合でも外壁塗装をする方法を解説していきます。

・お金がなくても外壁塗装をする方法4つ

 ・ローンを利用する
 ・助成金を利用する
 ・火災保険を利用する
 ・安い業者を探す

・注意点2つ
 ・外壁塗装費をケチらない
 ・悪徳業者に注意する

お金がなくても外壁塗装をする方法4つ

お金がない時でも外壁塗装をする方法として以下の4つが挙げられます。

・ローンを利用する
・助成金を利用する
・火災保険を利用する
・安い業者を探す

それぞれの条件があるため、すべての方法が可能ということに注意が必要です。

それぞれ順番に見ていきましょう。

ローンを利用する

1つ目はローンを利用して外壁塗装を行う方法です。

ローンを組むことでまとまったお金がなくても月々の分割払いで外壁塗装費を支払うことができます。

金利がつくため一括での支払いよりも多く支払うというデメリットはありますが、外壁の劣化具合によっては早急に塗り替えを行ったほうが良いケースもあります。

こういった場合にローンを組むことで外壁塗装が可能です。

外壁塗装のローンには大きく3つ挙げられます。

・住宅ローンを組んだ金融機関で組む
・銀行の有担保ローン
・信販会社などの無担保ローン

住宅ローンを組んだ金融機関でローンを組むことで、金利を優遇して貰える場合があります。

ただし、こちらのローンにも審査があるため必ず借りられるとは限りません。

また、その他銀行で有担保ローンを組む方法もあります。

この場合は審査に時間がかかる、担保が必要というデメリットはありますが、金利を易く抑えることができます。

時間がかかる分、外壁塗装を検討している方はあらかじめ下調べをしておくと良いでしょう。

さらに、無担保ローンという方法もあります。

こちらはクレジットカード会社や銀行などが取り扱っているものです。

外壁塗装費用が少し足りない、再来月にはまとまったお金が入るから少し利用する、といった場合に便利となるでしょう。

なお、外壁塗装のローンにはリフォームローンといった名称のものがありますが、これらは名称似すぎず、明確にリフォームローンというものが存在するわけではありません。

担保の有無や金利など自身が希望する形態で金融機関に相談してみると良いでしょう。

また、そもそも外壁塗装が初めてという方であれば、外壁塗装業者へ相談することをおすすめします。

助成金を利用する

2つ目に、助成金を利用する方法があります。

助成金は各自治体で定められた条件を満たすことで、各助成金で定められた、外壁塗装費用の一定の割合の金額を受け取れるというものです。

助成金の注意点としていかが挙げられます。

・工事完了後に受け取れる
・条件に指定の塗料がある
・申請は施工前に完了しておく必要がある

基本的に助成金は外壁塗装が完了した後に受け取れるようになっています。

そのため、施工前に支払いが必要の場合は得策とは言えないでしょう。

業者によっては支払いを後にしてもらうこともできるため、相談してみると良いでしょう。

また受け取りの女権に塗料の指定がある場合があります。

よくある例として高い断熱機能を含んだ塗料の仕様です。

これは外壁塗装の助成金では省エネ促進を条件にしたものが多いためです。

そのため、業者へ塗料の変更を相談する必要があります。

さらに、助成金の申請は工事が始まる前に完了しておくのが一般的です。

工期によっては申請が間に合わないこともあるため、早めに業者へ相談しておきましょう。

火災保険を利用する

3つ目に火災保険の利用が挙げられます。

火災保険とは池の条件で受けられる保険制度のことです。

・火災、落雷、風災が原因の外壁劣化であること
・被災から3年以内であること

上記のように自然災害による外壁の劣化でなければ火災保険の利用はできません。

そのため、風に強い地域や雨量の多い地域、台風などの後は火災保険の利用を検討してみると良いかも知れません。

申請方法についても、外壁塗装業者へその馬を伝えるとスムーズに進められます。

安い業者を探す

最後に安い業者を探す方法があります。

外壁塗装業者の中でも費用にはばらつきがあるため、相見積もりを取りいくつかの業者から選択すると良いでしょう。

安い業者の特徴として完全自社施工であるという点があります。

大手の工務店などは施工を下請け業者へ依頼するため費用が割高になりやすいです。

そのため、窓口から現場まで完全自社施工の会社へなるべく依頼すると良いでしょう。

安く済ませたいなら注意!抑えておく耐ポイント2つ

外壁塗装を安く済ませたいという理由からトラブルに繋がる恐れもあります。

ここではトラブルにつながらないための2つのポイントを解説していきます。

◯グレードの低い塗料を使う
◯注意点格安の悪徳業者には注意(施工不良)

まず1つ目はグレードの低い塗料に変更するという点です。

丁寧な業者であれば外壁の状態や素材、今後住宅に住む年数、地域によって適切な塗料を選んでくれます。

しかし塗料を安く抑えたいがために安い塗料を選んでしまうと、耐用年数が短く短いスパンで塗替えをする必要がでてきます。

するとトータルでかかる費用も大きくなるため、逆効果と言えます。

耐用年数のみを考えてグレードの高い塗料を選ぶ必要はありませんが、安すぎる塗料は選択しないほうが良いでしょう。

また費用を安くするために、格安の悪徳業者へ依頼してしまう点も注意が必要です。

悪徳業者は人件費を削減したり、塗料のグレードを下げたりして安い価格を提示してくる場合があります。

すると施工不良に繋がり、短いスパンで塗り替えが必要になります。

悪徳業者に捕まらないために、口コミや業者のホームページをチェックすると良いでしょう。

お金がなくても外壁塗装したいなら!

お金がない場合でも、さまざまな方法を検討することで外壁塗装は可能です。

もし検討している方がいましたら、ぜひダイレクトハウスへご連絡ください。

お見積り・ご相談は無料です!


※下記のクレジットカードによるお支払いが可能です。
(VJCB、VISA、MasterCard、AmericanExpress、DISCOVER、DinersClub)ご利用の際は「一括お支払」のみとなり、リボ払いや分割払いはご利用になれません。

Scroll to Top